香霖堂書店

香霖堂書店は東方Projectの二次創作小説の感想を投稿するためのサイトです。

Twitterでログイン

検索
感想一覧
「タッグ」合同の今回。主軸に二人のキャラクターが置かれることが念頭にあるからか、全体的にきれいにまとまっていて面白かったなあという印象。 以下、各収録作品へ雑感。 『If I Only Had A Heart If I Only Had A Brain』Pumpkin 思い悩むこころさん。そして彼女の中から消えはじめる、こいしとの記憶。 明確には描写されなくても、確かにこいしがいたのだなあという書き方がうまい。 『故にふたりの鳥獣伎楽』S.D. 外から見た鳥獣伎楽の二人、そして二人思う鳥獣伎楽。 バンドとして対外的には良いコンビである二人が、その胸中では精神的な凸凹コンビであることが物語として美しい構図で好き。それと普段の生活感がある感じも。あとは地味なところだけど冒頭でああいう組版やってくれるのも引き立って良いよね。 『その鈴に捧ぐミステリオ』めるめるめるめ さとりの胸中。小鈴と阿求の挑戦。 話の運び方が丁寧で、さとり相手に思考を詰めていく二人の考えに時折はっとさせられたり。手紙の回答には途中で気付いたのですが、小鈴の回答までは至らなかったので、そこが物語の面白さ(タッグたるゆえん)かなと。逆に言うと、手紙を開示するまで答えを明かさない方が、面白さがあったかも? 回答を知った上で2週目読んでも面白いヨー。 『キューミュロニムバスヘルレイザーズ--The Earth Lander.』白衣 地底脱出作戦。 名タッグだ!頭からケツまで全力だ!面白いぞ!以上! ところで、読んでる最中黒ビキニをずっとブーメランパンツで想像してたけど、勇儀さん男じゃねぇってさっき気付いた。でもだって上半身は胸筋じゃん。 『緋翼連理』こうず 幻想郷的な妖怪退治。 慧音かわゆい。慧音が迷惑かけるようで、妹紅もわりかしやっちゃってるのがお互いさまって感じの二人よな。 『ガラス鉢中の幻想郷』百円玉 阿求宅に押し掛け茨華仙。あと金魚。 意外な取り合わせの二人。幻想的な話のつくりもさることながら、華扇ちゃんのキャラが良い。話が進むにつれて、阿求と自然に打ち解けてくる感じが「アリ」だなと思わせてくれる。 ところで、扉の題字フォントが不安定と思ったら、題字に二種のフォントを用いてタッグの二人を表現してるのか。どっちがどっちの文字形なのか想像してみるのも面白いのかも。

⇛感想の詳細へ


その真面目な性格ゆえ己の未熟さに不満を持ち、焦り、悩みを抱える魂魄妖夢の物語。 理想とする師、魂魄妖忌の域に立つ事を追い求め、焦燥にかられる妖夢の姿に彼女の真面目(=自分に厳しい)な性格がよく描写されていると思いました。 そして、メインとなる具現化した自身の心の影との戦闘を通して、自分の弱さを受け入れられように強く成長していく様はこれもまた妖夢を魅力的に写しているのではないかと思います。

⇛感想の詳細へ


退廃的で救いようのない生々しい描写は、元の「ジムノペディが終わらない」と変わらず。 元と比べると表現する内容は同じにも関わらず、こちらの方がさらりと読めましたね。良い日本酒みたい。

⇛感想の詳細へ


元の「幻想で逢いたい」はメリーの蓮子に対する執着が繊細に描写されていた。 メリーにとって大切な人である蓮子、歴史を積み重ねるにつれて幻想郷やその住人も 蓮子と同じように大切な人となっていく。数世紀を経て蓮子への想いに区切りをつけることができたメリー。 比較して、文字のテンポと描写をボカすことがこの作家の書き味なんだなと最近思う。 決定的な事実を文字でつきつけず、読者の想像に任せる。

⇛感想の詳細へ


アリス・マーガトロイドの死。アリスを知るものたちが葬式の場で語る、アリスの死の真相。

⇛感想の詳細へ


運営からのお知らせ
ご意見・ご要望など