香霖堂書店

香霖堂書店は東方Projectの二次創作小説の感想を投稿するためのサイトです。

Twitterでログイン

検索
最近投稿された感想
秘封倶楽部の短編モノ総収編。蓮子さんの優秀さあるいは天才性に焦点を当てた文章はとても好き。彼女は常に何を見て何を感じるのか想像が広がる。天才あるいは優秀さというパーソナリティをキャラに持たせると、ある種毒薬というか、作品自体を喰ってしまいがちなのだけれど、そうならず、テーマが別にあってそれで違和感がなく読めるのはスゴイし、そして贅沢な作品だなぁと思う。

⇛感想の詳細へ


突如として御阿礼の子全員分の大量の記憶が押し寄せてこん睡状態になる阿求。 それを救うため永琳はさとりに阿求の記憶への潜航を依頼する。 さとりが阿求の記憶世界で見たものは―― とこの本は前後編だということで今回はいいところで終わりです。 話の途中に差し込まれる歴代御阿礼の子の〝記憶〟に対する思いが事件の真相を予想させる材料になっていて、後半がどのように展開されるのか非常に楽しみです。いろいろ予想しながら後編を待つことにします。

⇛感想の詳細へ


2XXX年の近未来においてもスマホゲーが流行してるみたいで安心しました。蓮メリごちそうさまです。

⇛感想の詳細へ


序盤の蓮子がメリーのアレを当てたことの推理を喋る下りで完全にもうニタァって笑顔になりました。ごちそうさまです。

⇛感想の詳細へ


新書版2段組 構成6章、120p。 中学三年生、宇佐見菫子が『秘封倶楽部会長』を手にする話。 現実的な〝優等生〟の殻を作り上げた菫子が、それをベロリと剥いで(決して破ってではなく)中から顔を覗かせたことで、菫子は『ヒフウクラブ』に捕らわれる。 退屈な現実を紛らわす麻薬のように、蓮子とメリー、二人の秘封倶楽部の活動を覗き見る菫子が、現実と夢との対決の末に選び取った決意は痛々しいが、深秘録での彼女の今後を思えばその傷が心地良くもある。 そして最後に、クルリ、とひっくり返ってしまう彼女の物語は、現実の強さを語る菫子をまるで夢が嘲笑うようだ。 うへえ。面白い。 高校生で秘封倶楽部を作る、宇佐見菫子ってどんな女?って考えるひとにおすすめ。 超能力に自覚的で、良い頭と同じ程度の才能として超能力を扱う菫子の学生生活や、現代的なコンビニやらパソコンやらがアンニュイな彼女の生活を語ってる。なにより『秘封倶楽部』の活動を、動画で見るっていうのがいいよね。ベッドでヘッドフォンして、面白い動画を観て夜更かしする優等生の中学生って、なんかいいよね。伝われ。 あと読了後ひとこと思ったのは、 この本、タイトルがすばらしい。

⇛感想の詳細へ


もっと見る

運営からのお知らせ
ご意見・ご要望など